いよいよ、短い北海道の夏を締めくくる一大イベントRISING SUN ROCK FESTIVAL2018 IN EZO の開催概要が発表になりましたね!

昨年の開催後に、会場予定地内に風車の建設の目撃例があり、RSRファンの中では石狩での開催を心配する声もありましたが、どうやら大幅なレイアウト変更で今年も、石狩での開催が決定したようです!

しかしながら、レイアウト変更のせいでしょうか、敷地を広げた分、少々価格が上がってしまったようです。

さらに、昨年は入場券や駐車券の高額転売があり、運営側も頭を悩ませていたようで、今年は購入できるチャンスが何度もある発売方法をと記載しているので、転売ヤーが困るような発売方法をとってくれると期待しています。

でも、昨年と比べると、初日入場券が ¥9,300 から ¥11,000、二日目の入場券が ¥13,00 から ¥15,000、通し入場券が ¥18,500 から ¥22,000と、大幅な値上がり!!テントサイト付き入場券も3,000円アップで、かなり懐には優しくはない価格になってしまいました・・・

合わせて、今年の会場レイアウトもオフィシャルサイトにアップされていたのですが、2012年からのマップとは180°回転したマップになり、若干分かりづらくなったようなので、今までのマップで置き換えて2018年の会場レイアウトマップを勝手に作ってみました。

横幅が5500pxもあるので重いと思います。

VILLAGE駐車場が新設されました。かなり駐車場が遠くなりましたね。

ただでさえ、日本一エリアが広いフェスだったのに、さらに移動に時間がかかるフェスになってしまいました。

オフィシャルのマップでは無いのでかなり雑ですが、大体の位置関係は把握できるかと思います。

 

何れにせよ、今年は20回目の記念すべきライジング、アーティスト発表が楽しみですね!