ガラスの映り込み対策グッズ

展望室から風景を撮影しようとすると、太陽光に反射した自分の姿や、室内灯などがガラスに反射して写り込んでしまう場合があります。

そんな映り込みへの対策グッズがAmazonなどで取り扱ってますが

高っ!

数千円します・・・

そこでなんとか自分で安くDIY出来ないかと、いろいろ検索していると結構見つかるんですね。

そんな中、見つけたブログで、ご丁寧に作り方から型紙まで紹介なさっている方がおりましたので、ご紹介したいと思います。

Komin’s Photo Blog – 車窓撮影用フードの型紙

こちらのブログを参考に、フードを作ってみました。

【材料】

  • クッションケース黒(100均)
  • マジックテープ(100均)

ケースはスポンジ状のノートパソコンなどが入る大きさで、縫い目をほどくと一枚になるようなタイプが良いと思われます。

マジックテープは粘着シートが裏面についているタイプと、縫い付けるタイプが売っていたのですが、粘着シートだと剥がれてしまうのではないかと思い、縫い付けるタイプを買って、友人にミシンで縫ってもらいました笑

詳しい作り方はぜひKomin(コーミン)さんのブログをご覧ください。

私はSony α7 IIIを使用しているのですが、少し型紙のサイズ調整が必要でしたので、Sony α7 IIIユーザーのために、調整した型紙をこちらにおいておきますね。

型紙URL

形式はJPEGでサイズは 42cm x 29.7cm 300dpi です。

ご家庭のプリンタやコンビニのマルチコピー機などで印刷してご使用ください。